脱毛

脱毛に行く時はお酒を飲んではだめ?【その理由と解決策を紹介】

脱毛に行く時にお酒を飲むのはOK?NG?と書かれた先生のイラスト

女の子
脱毛に行くときって、お酒を飲んでもいいの?

 

その質問にお答えします!
先生

 

【本記事の内容】

・脱毛の施術をする時にお酒を飲んではいけない理由

・脱毛の施術前後にお酒を飲んでも良いタイミング

・脱毛予約前後にお酒を飲む事になった場合の解決策

 

今回は脱毛の施術をする時に、お酒を飲んでいても良いのかを解説していきます。

結果から言うと、脱毛の施術をするときにお酒は飲んでいてはいけません

 

本記事を読み終えるころには、お酒を飲んではいけない理由や飲めないタイミングはいつなのかわかるようになりますよ。

 

予約日に飲み会が決まってしまった時の解決策も紹介していますよ。
先生

 

前置きが長くなってしまいましたが、それではさっそく本題へいきましょう。

 

 

 脱毛の施術をする時にお酒を飲んではいけない理由

お酒を持っている女性に駄目と表現したイラスト

 

脱毛を行う際にお酒を飲むと下記の影響があります。

 

【アルコールを含んだ状態で脱毛をするリスク】

・肌の炎症を起こすリスクが高まる

・保証がきかなくなる

 

それでは一つずつ解説していきます。

 

 肌が炎症を起こすリスクが高まる

 

お酒を飲むと肌荒れしやすくなります。

 

お酒には利尿作用があり、体内に水分が保てなくなるので肌を乾燥させます。

肌が乾燥すると皮膚のバリアが弱くなるのでレーザー脱毛や光脱毛の熱に耐えられなくなるのです。

それだけではなく、お酒を飲むとヒスタミンを放出させてしまうので、肌が赤くなりかゆみなどが発生し炎症を起こしてしまいます

 

そんな状態で肌へのレーザー脱毛や光脱毛を許してくれる先生がいないのは当然です。

むしろ許してくれるほうが不安に感じたほうが良いですね。
先生

 

乾燥を防ぐ保湿液の選び方については下記の記事で見ることが出来ますよ

>>保湿の効果が高い成分とは。保湿液の選び方

 

 肌トラブル保証がきかなくなる

 

サロン・クリニックによって、肌トラブル保証が効かなくなります

*肌トラブル保証とは、肌トラブル時の診察代やお薬代を保証してくれる事

 

こちらについてはお店によってさまざまなので、不安な方はカウンセリング時にお酒についての保証ルールを確認しましょう

 

 

脱毛をする際にお酒を飲んでも良いタイミング

男性と女性がお酒を乾杯しているイラスト

 

女の子
お酒を飲んではいけないのならいつからいつまで平気なの?
もちろんお答えします
先生

 

 

 施術 2日前

 

2日前まではお酒を飲んでもOKです

2日間あれば体内でアルコールを分解出来るので問題ありません。(飲みすぎは例外です)

飲みすぎで体調を崩さないようにだけ注意してください。

脱毛は肌への負担が大きいので、体調が悪いと痛めてしまうリスクが上がります。

 

適度な量のお酒で楽しむようにしましょう。

 

 施術 1日前

 

前日は時間帯に注意すればお酒を飲んでも問題ありません

*サロン・クリニックによって前日でもお酒を飲んではいけない場合があるので指示に従うようにしてください。

 

アルコールが分解されていれば、問題ありません。

アルコールを分解する時間は個人差・体調・お酒の量・睡眠時間などにより変動するので、何時間前までは飲んでもいいとは言い切れません。

 

アルコールを分解する時間の目安は下記のサイトで見ることができますよ。

アルコール計算機~分解時間と~血中濃度~

 

あくまでも目安なので、算出した数値の1.5倍の時間は空けるようにしましょう。

 

もちろん前日から飲まないのが一番良いです。

 

 

 当日

 

当日は飲んではいけません

いくらアルコールを分解出来る時間が空くとしても飲まないようにしましょう。

 

施術後に関してもアルコールは控えて下さい

肌が脱毛により軽い火傷を負っている時にお酒の飲んでしまうと、お酒の利尿作用により、肌の水分をたもてなくなります。

結果、肌が乾燥し肌あれに繋がってしまうのです。

 

当日はたとえ施術後でも、お酒は飲まないようにしましょう。

 

 

 後日

 

施術後12時間が空いていればお酒を飲んでも問題ありません

 

もちろんアルコールが分解させるからです。

 

脱毛予約前後にお酒を飲む事になった場合の解決策

解決策を教えてくれる先生

お酒を飲んではいけないとわかっていても、会社の行事や、急な冠婚葬祭などによりお酒を飲む場面が発生します。

そんな時の解決策はこちらです。

 

【解決策】

・予約を変更する

・ノンアルコールを飲む

・常に夜の時間帯で予約する

 

一つずつ紹介していきますね。

 

 予約を変更する

 

飲み会が決まったらすぐに予約の変更をしましょう

飲み会で飲むかどうかわからないと不安に感じたら迷わず変更したほうが良いです。

予約の変更をするためには、別料金が発生する店舗もあるので、予約キャンセル無料の店舗を選んでおくのも重要です。

 

予約キャンセル無料の店舗については下記の記事で紹介していますよ。

>>人気おすすめ脱毛サロンの値段や効果を徹底比較【2021年最新版】

 

 ノンアルコールを飲む

 

最近では居酒屋・冠婚葬祭どこでもノンアルコール製品をあつかっているお店が多いです。

コンプライアンスも厳しくなってきているので、アルコールを断ることも出来るでしょう。

予約をキャンセルしたくない場合には、ノンアルコールの飲み物で我慢するようにしましょう。

 

 夜の時間帯に予約する

 

夜の時間帯に予約をすれば、前日の間は時間を気にせずにお酒を飲む事が出来ます。

目安ですが、12時間空けばアルコールを分解してくれます

たとえ飲み会が遅くなってしまっても、施術時間が18時以降であれば12時間は空けることができるでしょう。

 

飲み会が多い方は常に遅い時間で予約をするようにしましょう。

 

 

まとめ:なるべくお酒を飲むことは控えて脱毛をして行きましょう!

まとめてくれる先生

今回は脱毛をするときのお酒の影響について解説しました。

脱毛を行うときには、お店の規約を確認し、ルールに沿った行動を行うことが一番大事です

たとえ規約に書いていない場合でも、お酒を飲んで脱毛をするのは肌荒れへのリスクが高まるだけなので、自主的にお酒を控えるようにしましょう。
先生

 

以上です。

-脱毛
-, , , ,

© 2021 CHIKOLOG