脱毛

脱毛すると硬毛化になりやすい人とは【ならない為の予防策も紹介】

悩む女性

 

女の子
脱毛すると硬毛化になりやすい人ってどんな人なの?ならない為の対策はあるの?

 

その質問にお答えします。
chiko

 

本記事の内容

・硬毛化とは

・脱毛をしたときに硬毛化になりやすい人とは

・硬毛化になりやすい人でも安心して脱毛できる方法

 

本記事の信頼性

美容関連の会社に3年間在籍

この記事を書いている私は、美容や脱毛について常に研究しています。

脱毛によるトラブルを一件でも無くすために必要な情報を、わかりやすく発信しています。

 

 

今回は硬毛化について解説していきます。

 

本記事を読み終わるころには、あなたが硬毛化になりやすい人なのか判断する方法、硬毛化にならないための対策方法を知る事ができますよ。

 

それではさっそく本題へ行きましょう。

 

 

硬毛化とは

毛根のイラスト

 

まずは硬毛化とはどんなものなのか解説していきます。

 

硬毛化とは

・毛が太く硬くなる

・なりやすい部位がある

・発生するタイミングがある

一つずつ解説していきます。

 

毛が太く硬くなる

 

脱毛後に毛が太く硬くなる症状を硬毛化といいます。

脱毛する時に使用する、光やレーザーの刺激により、毛根の働きが活発になってしまいもともとの毛よりも太くて硬いものが生えてきてしまうと言われています。

しかしまだ根本的な原因は判明されていません。

米国皮膚科学会の論文によると4.5%の患者に硬毛化の症状が発生したと報告があります。

硬毛化した方の実際の写真は下記のリンクで見る事ができます【外部リンク】

>>硬毛化するとこうなる(写真あり)

 

なりやすい部位がある

 

硬毛化になりやすいのは下記の部位です。

硬毛化しやすい部位

  • 背中
  • お腹
  • ふともも
  • にの腕
  • フェイスライン

 

うぶ毛が多い箇所がなりやすく、濃い毛が生えた箇所は硬毛化になりにくいようです。

全身脱毛などを行う場合には上記の部位も施術することになるので注意が必要です。

 

 

発生するタイミング

 

発生するタイミングは脱毛を行ってから約1ヶ月〜3ヶ月後に発生します。

施術後1度目は毛が抜け落ち、次の毛周期で生え変わるときに硬毛化した毛が生えてきます。

毛周期のサイクルは部位や個人差により変動しますが、約1ヶ月〜3ヶ月の期間です。

毛周期により生え変わるタイミングで硬毛化に気づくことになるのです。

 

脱毛をしたときに硬毛化になりやすい人とは

毛とチェックリスト

硬毛化になりやすい人は下記の項目に当てはまるひとが多いです。

 

  • 10~30代
  • 体毛が全体的に薄い
  • 体毛の密度が高い
  • 毛根が深い
  • 肌トラブルがある
  • 肌が白い
  • ホルモンの薬やサプリメントを飲んでいる
  • 毛がいろんな方向に生えている

 

医療従事者の経験から上記の項目に当てはまる数が多いほど硬毛化するリスクが高いとわかっています

当てはまる数が多い方は、脱毛方法に注意が必要です。

 

硬毛化になりやすい人方へおすすめの脱毛方法

選んでいる写真

先ほど紹介した硬毛化になりやすい方へおすすめの脱毛方法を紹介します。

・ヤグレーザーによる脱毛

・蓄熱式ダイオードレーザーによる脱毛

・医療提携している脱毛サロン、または医療脱毛を選ぶ

 

こちらについても一つずつ紹介していきます。

 

ヤグレーザーによる脱毛

 

ヤグレーザーとは医療脱毛で使用するレーザーの中でも一番出力の高いレーザーです。

仮説ではありますが、硬毛化はうすい毛のメラニンが少ない状態で熱を与えるときに発生しています。

メラニンが小さい為に十分に熱を与えることが出来ず、刺激だけを与えてしまい毛根を活性化させてしまうのです。

ヤグレーザーは肌の一番深い位置までレーザーが届くので、うすい毛でもしっかり毛根から焼く事ができます。

事実IPL脱毛(光脱毛)よりヤグレーザーの施術のほうが発生率が少ないと言われています

硬毛化した時の治療法としてもヤグレーザーを取り入れている事も多いです

 

少しでもリスクを減らしたい方にはおすすめです。

 

蓄熱式ダイオードレーザーによる脱毛

 

蓄熱式ダイオードレーザーによる施術であれば硬毛化のリスクを減らせると言われています。

蓄熱式脱毛はまだ比較的に新しいこともあり、正確なデータなどは公表されてはいませんが、蓄熱式による脱毛は硬毛化の発生率が低いと言う医師が多いです。

硬毛化した場合の治療法としても使われている事もあります

 

断言することは出来ませんが、リスクを軽減させたい方には痛みも少ないなどメリットが多い脱毛方法なのでおすすめです。

 

医療提携している脱毛サロン、または医療脱毛を選ぶ

 

一番の対策は医師に診てもらえる脱毛サロン、またはクリニックを選ぶことです

硬毛化した時に医師に診てもらえる環境で、適切な処置を出来る体制が整っていることが一番大切です。

医師による適切な判断で脱毛を行うことにより、発生するリスクも軽減できます。

 

一番良いのは出力が高いレーザーの施術が可能で、医師も在籍している医療脱毛で施術することです

 

ちなみ医療脱毛別の使用するレーザーについては下記の記事で見る事ができますよ。

金額なども比較しているので是非参考にして下さい。

人気のおすすめ脱毛クリニック【値段・脱毛方法徹底比較】

 

まとめ:硬毛化になりやすい人は医療脱毛を選びましょう

医療脱毛の写真

 

今回は硬毛化について紹介しました。

硬毛化は医療が発展している現在でも、原因が解明されていない症状です

せっかく脱毛をしたのに、なぜか脱毛前により濃くなってしまうなんて絶対いやですよね。

そんな原因不明の症状に悩まされない為にも医療脱毛を選び安心してキレイな肌を目指しましょう。

 

最近では懸念しがちな医療脱毛の値段も安くなってきているので是非確認してみて下さい。

下記の記事で人気クリニックの金額比較と脱毛サロンの金額比較を紹介しているので是非参考にして下さい。

>>人気おすすめ脱毛サロンの値段や効果を徹底比較【2021年最新版】

>>人気おすすめ医療脱毛ランキング【値段や口コミを徹底比較】

 

 

今回は以上です。

-脱毛
-, , , ,

© 2021 CHIKOLOG