美容

肌あれ改善!保湿の効果が高い成分とは。保湿液の選び方

 

女の子
保湿をすれば肌がきれいになると聞いたのだけど、どんな成分が入っている保湿液を選べばいいの?

 

その質問にお答えします。
chiko

 

本記事の内容

・保湿に必要な成分とは

・成分効果が高い保湿液の選び方

・正しい成分の保湿液による肌への効果

 

本記事の信頼

某化粧品会社:開発部3年間在籍

ポイント

この記事を書いている私は、人の肌について常に研究しています。

肌のお悩みを抱えている方に必要な情報をわかりやすく発信しています。

 

今回は保湿液の成分についてご紹介します。

 

保湿液とか化粧品すべてに言えることですが、どの成分が肌に良いのか正直わからないですよね。

 

そこで本記事では保湿や成分のことについてまったくわからない方でも、すぐに理解できるように一番大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

 

「結局どれが一番良い保湿液なの?」「どの保湿液は悪いの?」といった疑問も解決できますよ。
chiko

 

それでは前置きはこの辺にして本文へいきましょう。

 

 

保湿に必要な成分とは

 

それは下記の三つが重要です。

・セラミド

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

 

どれが一番大事かと言われると順位をつけることができません。

その理由はどの成分も保湿の方法が違うからです。

 

しかしセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン全てを欠かすわけにはいけません。

 

成分別の効果についてはこれから一つずつ説明しますね。

 

セラミドとは

 

セラミドは最強の保湿成分です。

肌の表面(角質)にある成分であり、角質の水分を80%はこのセラミド等がキープしてくれています。

赤ちゃんの肌がツヤツヤなのはこのセラミドが多いおかげです

保湿をするなら絶対に必要な成分です。

 

ヒアルロン酸とは

 

肌の内側にある水分をキープする成分です。

肌の内側にある成分で、肌表面に塗る必要はありませんが、乾燥に強く保湿剤としての効果を高めます。

保湿をするなら必ずあるべき成分です。

 

コラーゲンとは

 

肌のハリを作ってくれている成分です。

肌の内側にあり、肌の表面からコラーゲンをおぎなうことはできません。

コラーゲンについては老化とともに必ず分解されます。

肌のハリを保つために必ずコラーゲンを守らなければいけません。

 

以上紹介した三つは必ず保湿に必要な要素ですが、保湿液として含まれている必要があるのは、セラミド・ヒアルロン酸の二種類といえます。

 

皮膚の構造について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして下さい。

>>皮膚における役割

 

成分効果が高い保湿液の選び方

 

保湿剤を選ぶ時の重要項目

・必要な成分が含まれているか

・不要な成分が含まれていないか

 

詳細については一つずつ説明します。

 

・必要な成分が含まれているか

 

必要な成分はセラミドとヒアルロン酸です。

コラーゲンは肌表面からでは効果が無い為、含まれていてもいいですが、コスパが悪くなってしまいます。

むしろ含まれて無いほうがいいです。

 

セラミドとヒアルロン酸が含まれていることにより、相性が良く、肌のうるおい状態を長時間キープしてくれます

肌にもともと存在している成分なので、肌への悪い影響が一切なく自然にうるおいを与えてくれるのです

 

以上の理由から、セラミドとヒアルロン酸が含まれている保湿剤を選びましょう

余談ですが、最近ワセリンが良いとよく聞きます。

私はおすすめしません。 保湿だけは高い効果がありますが、人工的なものなので、肌に浸透しません。

賛否両論あると思いますが、参考程度に。

chiko

 

 

・不要な成分が含まれていないか

 

添加物がふくまれていないか確認しましょう。

 

添加物(てんかぶつ)により、肌に炎症を起こすことがあります。

とくに女性の場合は添加物により、自律神経への影響もあります。

添加物が無いものを三日間使用しただけで肌質が向上する研究もあるので必ず添加物が配合されていない保湿剤を選びましょう。

 

女の子
保湿クリームのパッケージ裏にいろんな成分が書いてあるけど、どれが添加物なの?
もちろんお答えします!
chiko

 

代表的な添加物

・パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)

・安息香

・デヒドロ酢酸ナトリウム

・ヒノキチオール

・フェノキシエタノール

 

 

以上の5つが代表的な添加物です。

最低でもこの5つだけは覚えて下さい。

他の添加物も知りたい方は下記のサイトですべて検索出来るので参考にして下さい。

化粧品技術者のためのデータベースサイト

 

 

保湿液を選ぶ時には必ず、添加物が含まれていないことを確認してください。

よくわからない方は、とりあえず添加物フリーの化粧品を選びましょう
chiko




正しい成分の保湿液による肌への効果

 

正しい保湿液を使えば下記の効果があります。

 

正しい保湿の効果

・肌をすべすべにする。

・老化を防ぐ

・炎症を防ぐ

 

こちらも詳細については一つずつ説明しますね

 

 

肌をすべすべにする。

 

保湿を行えば、はだをスベスベでキレイなお肌にできます。

 

水分が足りていない状態では、肌の表面(角質)が固くなってしまい、固くなった肌表面のすきまから更に水分が逃げてしまいます。

肌の表面に水分を補っていると、やわらかい表面になり、スキマもなくなるので、肌の内側から水分を逃がす事を防いでくれます。

 

結果、表面・内側全体の水分を肌にとどめることが出来るので、弾力のあるスベスベな肌になります。

 

老化を防ぐ

 

保湿をすることにより、肌の老化も防ぎます

 

肌のうるおいを保つことにより、肌のハリを保つセラミド成分やコラーゲンなどの機能を正常な状態で保ちます。

紫外線や、乾燥などの原因でコラーゲンやセラミドなどが分解されてしまうのです。

保湿を行い、セラミド・コラーゲンの分解を防ぐことにより、老化を防ぐ事ができます

 

紫外線の予防については下記の記事でわかりやすく説明しています。

>>肌あれ原因は紫外線?今すぐ出来る予防策

 

炎症を防ぐ

 

保湿を行うことで、肌の炎症を防ぐことができます。

炎症の原因はほとんどが乾燥からです

肌の表面が乾燥すると、肌が割れてしまいます。

割れたスキマからバイキンが入るとさらにひどくなり、悪循環を作ってしまうのです。

必ず不純物のない保湿液を使用し、肌の炎症を予防しましょう。]

 

まとめ:効果が高い成分の保湿液

 

添加物の無い、正しい成分の保湿を行うことにより、肌の炎症・肌質・老化・全てに効果があるので、肌をキレイに保ち、ツヤツヤの肌でいたい方は必ず毎日保湿をしましょう。

女の子
どれが正しい成分の保湿液なの??
もちろんお答えします!
chiko

 

おすすめ NANOA美容液




使えばトリコになる【NANOA美容液】

この商品を使えば肌質とハリをサポートしてくれます

サイト内に口コミも記載されているので是非見て下さい。ほとんどの方がリピーターになっています。

それもそのはずです。

この製品、先ほどの選ぶべき条件をすべて満たしているんです。

NANOA配合成分

・ヒアルロン酸

・セラミド

・添加物なし

・+α(ヒト幹細胞・プラセンタ・ビタミンC誘導体など)

配合成分を見た時、コラーゲンを入れて無い事に開発者の信頼を覚えました笑
chiko

これだけ肌に必要な成分が配合されている為、すぐに効果を実感できると思います。

あとこれだけの製品を作るとめちゃくちゃ高額な商品になってしまうのですが、なぜかコストパフォーマンスが良いです。

しかも今ならほぼ半額で買えるので、是非お試しで使用してみてはいかがでしょうか。

お値段以上の価値がある商品です。

2〜3分くらいの手続きで約半額で購入する事ができます。

 

詳しくはコチラ

 

多分CMなどの広告費用が少ないので安いのだと思います。
chiko

最後に

 

肌の乾燥は老化・肌あれの大きな原因です

もし明日から、保湿を行い、キレイな肌を保ちたいとういう方はぜひ参考にしていただければと思います。

以上です。

 

内側からも水分を取りハリのある肌に変えていきましょう!

効果的な水の取り方は下記の記事で解説しています。

>>水を2リットル飲む事による肌と身体への効果と注意点

 

-美容
-, , , , ,

© 2021 CHIKOLOG